防弾少年団RMの授賞式での発言に中国政府が激怒?「中国の尊厳を無視した!」と広告モデルから続々と削除する|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【今度は『フレンズ』出演部分を中国側が削除?】防弾少年団RMの授賞式での発言に中国政府が激怒?「中国の尊厳を無視した!」と広告モデルから続々と削除する

10月7日に韓国・アメリカ両国に貢献した人物に送られる『2020 Van Fleet Award』のオンライン授賞式に参加した防弾少年団。リーダーのRMの発言に中国政府が激怒していることで話題になっています。

⇒2020年の記事から追記しています。

2020 Van Fleet Award』でのRMの発言に中国政府が激怒?

2020 Van Fleet Award』のオンライン授賞式でRMが朝鮮戦争の件について触れ「今年で70年を迎えより意味を感じる」とコメント。さらには「僕たちは両国(our two nations)がともに経験した苦難の歴史と多くの犠牲者を一生忘れない」としたのですが、ここで中国政府がRMの『両国』という発言に反応。

ここでいう『両国』というのは当然ながら韓国とアメリカのことを指しますが、朝鮮戦争当時に参戦した「中国の軍人たちの貴い犠牲を無視している!」と激怒してしまった様子。この戦争がきっかけで約13万人の中国の軍人たちが命を落としています。

원본 이미지

naver

この件が中国で大きな話題になるにつれ「防弾少年団を広告モデルから削除するべきだ」という声が高まる中、中国政府は防弾少年団がモデルをつとめるサムスン電子、FILA、現代(ヒュンダイ)自動車の広告を続々と削除。これにより、関連商品の販売が一部中断となったことが明らかになっています。

【2021/05/29追記】今度は『フレンズ』出演部分を削除?

2021年に入っても防弾少年団に対する否定的な声が少なくない中国側ですが、今度は防弾少年団がゲスト出演したアメリカのコメディドラマ『フレンズ』の特別版にあたる『フレンズ: ザ・リユニオン』の出演部分が現地のプラットフォームで削除されたとのこと。

画像

Twitter

ちなみに、『フレンズ: ザ・リユニオン』は防弾少年団のほかにもレディー・ガガ、ジャスティン・ビーバーもゲスト出演していましたが、同様に削除されています。その理由として、レディー・ガガは2016年にチベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ14世と対談したこと、ジャスティン・ビーバーは過去に来日した際に靖国神社を参拝したため、といわれています。

関連記事

【『HYBE』がアリアナ・グランデ&ジャスティン・ビーバーのレーベルを買収】防弾少年団所属のBighitエンターテイメント、GFRIENDの所属事務所を買収で3大事務所の序列が変わる?防弾少年団の所属事務所であるBighitエンターテイメントが、GFRIENDなどが所属するSource Musicを買収したことで大きな話題となっています。...