「40歳になったら引退して妻に全てを捧げたい」防弾少年団Vの隠された7つの魅力とは?|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【『ボラヘ』(보라해)が勝手に商標登録出願され当事者側が謝罪することに】「40歳になったら引退して妻に全てを捧げたい」防弾少年団Vの隠された7つの魅力とは?

防弾少年団のVといえば、その整ったビジュアルに、性格、パフォーマンスまで完璧であることから全世界から愛されていますが、今回はそんなVのより人間的な隠された魅力について紹介していきます。

⇒2019年の記事から随時追記しています。目次、ページをよくご覧になりお読みください。

防弾少年団Vの隠された7つの魅力

画像

Twitter

1. ファンを大事にするV

防弾少年団はファンを大事にしていることでも有名です。特にVは複数のメディアのインタビューで『ARMY』に対する愛を示しています。

원본 이미지

naver

また、Vは『ARMY』であれば必ず知っているであろう『ボラヘ』(보라해)のワードを作った張本人で、虹の最後の色である紫色(보라색)のように、お互いに愛そうという意味と、これからも末永くお互いを見つめて行こうという意味が込められています。紫色は防弾少年団の公式カラーでもあります。

2. 家族を大事にするV

また、Vは家族を大事にしていることも有名で、特に祖父母に対する愛情は格別のようです。Vは2016年のV LIVEにて「幼い頃から長い間祖父母に育てられた」「親孝行がしたい」と明かしたことがあります。

画像

Twitter

また、リアリティ番組『走れ!防弾』では、隠されたカードをメンバーが集め、商品を獲得する『007大作戦』で、メンバーの顔が刻まれたギフトカードを得た際に「親にあげたい」と、両親に対する愛情も見せていました。

3. 子どものファンに対する愛情も忘れない?

そんなファンを大事にするVは、サイン会などで子どものファンが来た際には笑顔で迎え入れることで有名です。特にVは2018年に9歳のファンが書いた手紙に直接返信をし、話題となりました。手紙には「僕には友達がいませんでした」「そんな僕にお母さんが兄さんたちを紹介してくれて、歌もダンスもマネするようになって、『走れ!防弾』も見て、僕にも友達ができたんだなと思いました」と感謝の思いが綴られています。

원본 이미지

naver

このような手紙に、Vは「好きになってくれてありがとう。歌もダンスも、『走れ!防弾』も見てるなんて嬉しいな。これからは君の友達だから、辛い思いをせずに、一日を幸せに生きて、大きくなったら絶対会おうね」と返信をしています。

4. 試練をも楽しめるV

Vはメディアで「困難の中でも多くのことを学ぶタイプ」と取り上げられたことがあります。これに関しては『BTS: BURN THE STAGE』エピソード7で明かされています。普段からあまりメンバーに不満を漏らさないVですが、以前にドラマに出演した際に多くのストレスを受けたことでジミンに相談。

원본 이미지

naver

それからメンバーはVに「僕たちはVを助けられないけれど、力ならあげられる」と励ましの言葉を送りました。これに対し、Vは試練の過程を通じ、メンバーの大切さが分かったようです。

5. 誰かがミスをしても怒ることのないV

Vは2017年のV LIVEにて、とあるファンが「人脈が広い子と喧嘩した」「他の友達まで失いそうで怖いです」と悩み相談をし、Vが「僕も小学生の頃に似たような経験をした」と明かしたことがあります。Vは当時、友達の誕生日プレゼントで商品券を買い、誕生日パーティーに行った際、友人がVだけに約束の場所を知らせず、結局Vは3時間もの間外で待っていたといいます。

원본 이미지

naver

Vはようやく友人と連絡が取れたようですが、傷ついたVは友人に商品券を渡してすぐに帰ってしまったとのこと。その2年後に友人は謝罪し「Vが他の友達と仲良くしているのを見て嫉妬した」とのこと。その友人とはVが防弾少年団としてデビューした後も時々会っているといいます。

6. 自身の感情に正直なV

『BTS: BURN THE STAGE』にて、Vとジンが『Spring Day』(봄날)の立ち位置で意見のすれ違いが起こり、他のメンバーも驚いてしまったことがあります。

원본 이미지

naver

その後、Vは「僕がジンのことを考えず、感情そのままに言ってしまった」と、2人はきちんと話し合い仲直り。その後「ジンのことを無視しようと思ったことはない」と正直な思いを吐露しています。

7. 友達を大事にするV

デビュー前、防弾少年団としてデビューする可能性を逃すかもしれなかったジミン。『Bon Voyage Season 2』最終回にて、所属事務所であるBighitエンターテイメントが「グループにジミンがいたらどう思う?」と同い年のVに告げたというエピソードが話題になりました。

원본 이미지

naver

これに対しVは「つらい時も楽しい時も、いつも隣で笑ってくれるのはジミンしかいない。こんな友達が一緒にいてくれたらと思う。一緒にやりたい」と明かし、ジミンのデビューが叶ったといいます。

引退の計画がロマンティックすぎる?

このように、今や大人気のVですが、どうやら生涯を芸能界に捧げるわけではないようで、Vは以前にとあるインタビューで「40歳まで演技や歌などの全ての分野をこなし、その後は妻に人生を捧げ家庭を支えたい」とロマンティックな引退計画を立てているようです。

insight

さらに老後は「秋に茶色のベレー棒とコートを着て、公園に行ってハトにエサをあげるような生活をしたい」と、具体的な夢を考えているんだとか。そんなVの憧れは父親とのことで「僕の父親のように、子どもの将来を応援しアドバイスをくれながらも、妻にたくさん怒られるような、そんな夫になりたい」と明かしています。

Vがキャッシュでマンションを購入?

そんなVは、江南(カンナム)にある超高級マンションの一室をキャッシュで購入したことが最近になり明らかに。その価格はなんと51億ウォンで、2019年7月に購入したとのこと。該当のマンションは2008年に建てられたもので、1棟あたり17世帯のみが住んでいるそうです。

insight

そのため、個人のプライバシーも守られ、漢江(ハンガン)を一望できる人気のマンションなんだとか。ここ数年で、防弾少年団の不動産事情も話題になっている中、ついにVも不動産デビューしたことで、そのスターぶりがうかがえます。

【2019/08/06追記】Vの『顔ハート』が韓国カップルの間で流行中?

Vが時折披露する、その独特ながらも可愛い『顔ハート』。やり方は簡単で、自身の顔に手でハートの模様を作るだけとのこと。この際に笑った表情でポージングするとより可愛い『顔ハート』ができるようです。

insight

insight

Vが考案したこの『顔ハート』が韓国カップルの間で流行しているようで、カップル同士で『顔ハート』を作り、自撮り写真をSNSに上げている模様。ファンから『ハート人間』というあだ名が付いているVは韓国カップルの間でブームを巻き起こすことになりました。

insight

insight

【2019/12/16追記】悪質なファンに対する苦痛を吐露したV

Vは12月15日のV LIVEにてファンとコミュニケーションをはかりましたが、その際に自身につきまとう悪質なファン(サセンペン)について言及。飛行機に乗る時にまでわざとついてくるファンがいるということで「正直言ってこれはやめてほしい。怖いです」と、ファンに対し警告しています。

원본 이미지

naver

【2020/04/24追記】V LIVEにてすっぴんを披露しファン大喜び?

このように、時々V LIVEでファンとコミュニケーションを楽しむVですが、4月23日に行われたV LIVEではすっぴんでファンの前に現れ、ピアノを弾く姿にファンも大喜び。ちなみに最近覚えた日本語は『ゴミ箱』とのことで、日本のファンも喜んだのではないでしょうか?

원본 이미지

naver

▲Facebook

▲Facebook

【2019/12/30追記】誕生日を迎えメンバーとファンから多くの祝福の声

そんなVは12月30日に誕生日を迎え、公式Twitterを通じメンバーが祝福の声を寄せています。また、全世界からもVの誕生日が祝われ、素敵な誕生日となることでしょう。

ジン

SUGA

RM

J-HOPE

ジミン

【2020/12/30追記】ドバイで豪華すぎる誕生日広告が登場した?

さらにVは2020年にも世界中で誕生日をお祝いされているようですが、中でも注目されたのが、ドバイにある超高層ビルであるブルジュ・ハリファに誕生日広告が登場したこと。なんとも豪華すぎる誕生日広告に、Vがどれだけ愛されているか分かりますね。そして、メンバーからも毎年恒例でTwitterで誕生日をお祝いされています。

원본 이미지

naver

【2020/01/25追記】地下鉄に乗り小さな幸せを楽しむV

そしてVは1月11日に防弾少年団の『Weverse』アカウントにて地下鉄に乗ったことを報告。そこには帽子とマスクで顔を隠し、1回用交通カードを手にするVの姿がありますが、今や世界的なスターとなった防弾少年団であるだけに、地下鉄に乗るのも一苦労だと思われます。それだけに小さな幸せを楽しんだのでしょう。ちなみに、座席に座る際には変装をしないまま普通に乗っています。

원본 이미지

naver

원본 이미지

naver

【2020/02/13追記】『パラサイト』4冠受賞を喜ぶV

さらにVは2月10日の公式Twitterにて、2月9日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスで行われた『第92回アカデミー賞』にて4冠を獲得した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(기생충)の監督であるポン・ジュノ、そして日頃から親しくしている俳優のチェ・ウシクにお祝いメッセージを送っています。これにより韓国では現在『パラサイト』フィーバーが起こっていますが、Vは時々チェ・ウシクと遊んでいる姿をTwitterにて公開しています。

1 2