BoAの実兄クォン・スンウク、腹膜がんのステージ4であることを明かす「現在の体重は36kg」|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

BoAの実兄クォン・スンウク、腹膜がんのステージ4であることを明かす「現在の体重は36kg」

BoAの実兄であり、アーティストのMVの監督をつとめているクォン・スンウクが腹膜がんのステージ4であることを告白しました。

腹膜がんのステージ4を公表したクォン・スンウク

5月10日のinstagramにて腹膜がんのステージ4であることを明かしたクォン・スンウク。2020年の年末に体に激痛が走ったことで手術をしたとのことですが、医師からは「余命2~3ヶ月」と宣告されたとのこと。

naver

「現在の体重は36kg」と明かす

現在、闘病生活を送っているクォン・スンウクは腸閉塞の影響で十分な食事ができず、体重が36kgにまで減少してしまったとのこと。また、体内に水分が供給されないことで渇きを覚えるとのことですが、このようなクォン・スンウクの投稿にはBoAも「乗り越えられるから頑張ろうね!」とコメント欄でエールを送っています。

naver

クォン・スンウクのinstagram全文

こんにちは。クォン・スンウクです。

昨年から体の調子が良くなく、仕事が休みがちになりました。でも、今となっては本当に体が悪いということを実感しています。現在の僕には時間がそう残されていません。

腹膜にがんができ、現在ステージ4です。昨年の12月に腸に穴があいたことで激痛が走り、手術をしました。

その後の経過も良くなく、医師からは余命2~3ヶ月と告げられています。どの病院も大体は同じことを言っています。

なぜがんが僕を選んだのか本当に信じられませんが、毎朝目を覚ますたび、その現実を突きつけられます。

現在、腸閉塞によりまともな食事ができず、2ヶ月経った今の僕の体重は36kgです。また体内に水も吸収されず、毎日渇きを覚えつらい日々を過ごしています。点滴が欠かせず、歩くこともままなりません。

母親は「必ず良くなるから」と言ってくれるのですが…医学的には余命がそう残されておらじ、少しずつ僕の体も死んでいっている感覚に陥り、僕自身が無くなっていくのではないか、と錯覚さえもしてしまいます。

それでも、今できる治療は継続して行い、毎日苦痛に耐えながら涙を流しながらも、希望を忘れないよう努力しています。ごはんも一口も食べられず、泣いてしまったのは今回が初めてですね。

働き盛りの年齢で、また数ヶ月前までは元気だった僕にとって、がんの進行は怖いくらい早いです。

投稿ができるコンディションになったらまた報告します。SNSに文章を綴ることさえも体力の消耗をすることを、今になり実感しています。皆様も健康に気を付けて、このような苦痛は絶対に味わわないで下さいね。じゃあ今回はこれで。

#知人の方には申し訳ありませんが電話には出られません

#体力の消耗のため手短にお願いします。

#コメントは努力して返します

#がんのカミングアウト

関連記事

[blogcard url=”https://www.ningenhonyakuki.com/k-pop/boa-was-questioned”]

[blogcard url=”https://www.ningenhonyakuki.com/k-pop/boa-in-comeback-diet”]