V.I、数々の不祥事⇒チョン・ジュニョン&人気アイドルの関与に対する総まとめ|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

【懲役3年が求刑される】V.I、数々の不祥事⇒チョン・ジュニョン&人気アイドルの関与に対する総まとめ

V.Iが例の不祥事により入隊そして引退を示唆している中、歌手のチョン・ジュニョンと元HIGHLIGHTヨン・ジュニョン、元FTISLANDチェ・ジョンフンが関与しているという疑惑が立て続けに浮上し、韓国で大きな波紋を呼んでいます。

⇒2019年の記事から随時追記中です。目次、ページ数を確認のうえお読みください。

色々と騒がしい『クラブ・バーニングサン事態』にV.Iが関与?

V.Iの不祥事は2018年12月から始まります。とあるオンラインコミュニティで1人のネットユーザーが、江南(カンナム)のクラブである『バーニングサン』でひどい仕打ちを受けたと主張しました。

naver

ユーザーが被害にあったのは11月のことで、警察を呼んだにも関わらず、なぜか自身が加害者扱いされたと疑われてしまったそうです。ここまでだとよくある話ということで、当時は事態はそう大きくならないと思われていました。

naver

しかし、防犯カメラにユーザーがクラブのガードマンおよび警察官に被害を受けている姿がはっきりと映っていたことから、ユーザーの主張が信憑性を増します。これにより、クラブと警察の間で癒着関係があるのではないか?という疑惑が浮上しました。

バーニングサンでは利用客が頻繁に不適切な行動をしていた?

そして、その事件からしばらくしてからバーニングサンに新たな疑惑が。クラブにて複数の男性利用客が女性に違法薬物を飲ませた後、女性を襲うといったことが横行しているというものです。

このように事態が大きくなった後、ここで初めてV.Iの名前が浮上します。V.Iはバーニングサンの運営陣の1人です。当時はバーニングサンの代表と、V.Iの家族が潔白を主張していました。

naver

しかし、薬物の流通疑惑があったバーニングサンの代表とV.Iは親密な関係にあったことから、V.Iにも薬物疑惑が浮上。V.Iは検査を受けましたが、結果は後に陰性であったことが分かります。この時点では、V.Iの騒動はこれで終わるかと思われていました。

▲naver

海外投資者との不適切な交流でV.Iが警察に立件される

しかし、事態は急展開を迎えることに。V.Iは海外投資者に女性をあっせんしたとして、警察がこれを着手。V.Iは被疑者として出頭することになりました。

▲naver

その他にも現在最も波紋を呼んでいるカカオトークでのやりとりの内容で登場する人物3~4人についても、身元が分かり次第立件するとしています。

カカオトークのやりとりにあの芸能人が?

そのカカオトークのやりとりというのが、V.Iが外国人投資者に女性をあっせんするため、江南にあるクラブを使えといった内容です。

▲naver

そのクラブは『アリーナ』(아레나)というところで、警察はその事実関係を把握すべく、アリーナに3時間あまり家宅捜索を行ったとされています。ただ、それ以上にネット上で注目されたのが、カカオトークで言及された有名芸能人の存在です。

チョン・ジュニョンが不適切な動画を共有した?

ここで挙げられたのが歌手のチョン・ジュニョンの存在。該当のカカオトークのグループトークにチョン・ジュニョンがいたとされ、さらにチョン・ジュニョンは女性の不適切な動画や写真をグループトークにて共有したとされています。過去の騒動についてはこちらの記事をご覧ください。

https://www.ningenhonyakuki.com/jung-joon-young

チョン・ジュニョンはバラエティー番組『1泊2日』の撮影のため海外ロケを行っていましたが、この件を受け全ての撮影を中断し、韓国に帰国する予定。その後に公式立場を明らかにするとされています。

→【追記】2019年3月12日にロケ先から帰国したチョン・ジュニョンを取材すべく仁川空港にて複数のメディアが押しかけました。当時、動画の共有に関しては無言を貫いていましたが、後に「軽率な行為でした」と謝罪文を発表しました。

▲naver

ちなみに『1泊2日』側は、チョン・ジュニョンのレギュラー出演を取り消し、さらにすでに撮影した分はチョン・ジュニョンの部分を大幅カットすると明らかにしています。→【追記】『1泊2日』側は、事態を重く受け止め、放送を当分休止することを明らかにしました。

https://www.ningenhonyakuki.com/bigbang-v-i-jung-joon-young-action

→【追記】カカオトークの動画を確認したところ、被害女性は7~8人ということが明らかになったそうです。その中の1人はアイドル出身の女性のようですが、この女性は誰なのか表には出ていないようです。

ヨン・ジュニョン&イ・ホンギは巻き添えをくらった?

さらにそのグループトークにはヨンという某歌手も参加していたとのことで、たったこれだけの理由でHIGHLIGHTヨン・ジュニョンが疑惑に浮上します。これに対してはヨン・ジュニョンも所属事務所も否定しています。

→【2019/03/14追記】ヨン・ジュニョンは3月13日に警察に取り調べを受け、動画共有は事実だと認めました。これにより3月14日に正式にHIGHLIGHT脱退を発表しました。

https://www.ningenhonyakuki.com/highlight-yong-jun-hyung

また、グループトークの中には名字がイという歌手がいるとされ、そこでFTISLANDイ・ホンギの名前が浮上。ポータルサイトのリアルタイム検索に『イ・ホンギ』という名前が挙がりました。これに対し、イ・ホンギも即座に否定。イ・ホンギが元々明るい性格なためか、自身が出演したV LIVEではむしろこの件を笑いに変えています。

⇒【2019/03/16追記】グループトークの中に登場するイという人物はイ・ホンギではなく、CNBLUEのイ・ジョンヒョンであることが分かりました。

CNBLUEイ・ジョンヒョン、例の動画共有の件でファンが応援ボイコット⇒女性BJへのセクハラ発言でグループ脱退までのまとめチョン・ジュニョンのカカオトークのグループトークのメンバーの中にいたとされるCNBLUEイ・ジョンヒョン。その後正式にグループ脱退となった現在までをまとめていきます。...

⇒【2019/03/16追記】さらに同じ所属事務所であるFTISLANDのチェ・ジョンフンもグループトークのメンバーで、過去の自身の飲酒運転をほのめかしたとし、グループを脱退、芸能界引退にまで至っています。

⇒【2019/05/10追記】その後、チェ・ジョンフンは過去にチョン・ジュニョンらとともに集団で女性にいかがわしい行為をしたとされ、警察が調査、5月9日に正式に拘束が発表されました。

【控訴審が棄却されました】グループ脱退&芸能界引退を表明したFTISLANDチェ・ジョンフン、ファンからの脱退要求が物凄かった件FTISLANDのチェ・ジョンフンが、過去の飲酒運転隠し&チョン・ジュニョンの違法動画を共有したカカオトークのグループトークにい...

グループトークのメンバーが他にも登場の件

【2019/04/03追記】ロイ・キムが警察の取り調べの対象となる

チョン・ジュニョンと同じく、オーディション番組『SUPER STAR K』シーズン4出身者であるロイ・キムもグループトークのメンバーとされ、警察から取り調べを受けることが明らかになりました。

원본 이미지

naver

【2019/04/05追記】エディ・キムまでもが例のグループトークにいた?

さらに、同じ『SUPER STAR K』シーズン4に出演していたエディ・キムまでもが例のグループトークのメンバーであることが判明し、芋づる式で名前が浮上することに。

【起訴猶予処分となりました】エディ・キム、チョン・ジュニョンの件に関与で立件。SUPER JUNIORカンイン&2AMジヌンはシロだった?オーディション番組『SUPER STAR K』出身者である歌手のエディ・キムが、チョン・ジュニョンの例のグループトークのメンバーの1人と...

その後、ロイ・キム&エディ・キムは、チェ・ジョンフンとともに不適切動画共有を正式に認めました。2人は2020年に入りともに起訴猶予処分となりそれ以上の調査は行われないことに。

チョン・ジュニョンの例のグループトークの裁判で起訴猶予がついたロイ・キムが同情されている理由とは?チョン・ジュニョン例の動画共有の件の裁判がいまだ続いている中、カカオトークのグループトークのメンバーに『SUPER STAR K』出身のロイ・キムが起訴猶予処分となりました。...

https://www.ningenhonyakuki.com/choi-jong-hoon-roy-kim-eddy-kim-vi

大手事務所が『チョン・ジュニョンリスト』の関与の疑いに猛反発!

チョン・ジュニョンのカカオトーク専用スマホ、通称『黄金フォン』(황금폰)に入っている『チョン・ジュニョンリスト』。

naver

そのメンバー探しにネット上が沸いている様子。そこには人気アイドルの名前も挙がったようですが、これに大手事務所は不快感を示しているようです。

TWICEのメンバーが疑われた?

ネット上ではTWICEのメンバーが『チョン・ジュニョンリスト』に関わっているという情報が拡散します。

원본 이미지

naver

これに対し、所属事務所のJYPエンターテイメントは『これは事実ではない』とし『名誉棄損で訴えます』と、該当ユーザーを告訴したことを明かしています。

さらにはEXOのメンバーまで?

そして、SMエンターテイメントも例外ではありません。EXOのメンバーまでが疑われ、これに対し、やはり所属事務所も『何の根拠もないデマ』と法的対応に乗り出しています。

원본 이미지

naver

YGエンターテイメントも法的対応へ

そして、YGエンターテイメントも、所属している某女性アーティストに対するデマを否定。デマを流したユーザーを容赦なく告訴すると公式立場を明らかにしました。

naver

このように、大手事務所も拒否反応を示している『チョン・ジュニョンリスト』。最近になり人気俳優などの関与も明らかになり、なかなか事態はやむことはありません。今後も波紋は広がっていく模様です。

V.Iは入隊を発表するもネット上では批判の声?

V.Iは2019年3月25日に入隊を控えています。しかし、V.Iは今回の騒動から逃げるために入隊したのではないか?という意見が多く、批判の声が相次いでいるのが現状です。

といっても、入隊したとしても警察が捜査をやめるはずはなく、V.Iは警察から出国禁止令が出され、当分の間は韓国に滞在することになります。

naver

ただ、当然ながらV.Iの入隊前に捜査をするのが望ましいので、警察は急ピッチで捜査を進めているようですが、3月9日に正式に現役入隊を果たすことに。今後は軍事裁判所で『クラブ・バーニングサン騒動』の裁判が行われることになります。

芸能界引退を示唆したV.I

これにより、V.Iは自身のSNSにて芸能界引退を示唆しています。芸能界を引退するということは、BIGBANGからも事実上脱退することになりますが、これに関しては後に所属事務所が正式に発表すると思われますので、今後の展開にも注目されることでしょう。

원본 이미지

naver

【2019/03/13追記】V.I&チョン・ジュニョンともに所属事務所から契約解除される

2019年3月13日、BIGBANG V.Iの所属事務所であるYGエンターテイメントと、チョン・ジュニョンが所属するMakeUsエンターテイメントがともに2人の専属契約を終了したことを明らかにしました。

naver

2人は契約を解除されたことになりますが、14日に警察から事情聴取を受けるとされています。

【2019/04/12追記】V.Iにお金を横流しした疑惑まで?

また、チョン・ジュニョンの不適切動画の件の捜査は終盤に差し掛かっている中、今回の騒動の主要人物であるV.Iの件はなかなか明るみになっていなかった模様。

しかし、最近になり、V.Iに横領の疑いで家宅捜査中だということが明らかになった模様です。

naver

V.Iが経営に関わったとされている『クラブ・バーニングサン』の資金の流れがおかしいことに気づいた警察は、お金の流れを確認し、V.Iをはじめ、クラブの代表、そして筆頭株主も立件の対象になりました。

今後は、V.Iの不適切動画共有、そして女性との接待疑惑についても警察側が真相が明らかにするそうです。

【2019/04/30追記】拘束令状請求のV.I

2015年にユリホールディングスの元代表であるユ・インソクとクリスマスパーティーを開催した際、日本人の投資家に女性の接待をあっせんした容疑、当時所属していたYGエンターテイメントの法人カードで投資者の多額のホテル費用を支払ったとし、不適切な資金の使い方をした疑いもかけられているV.I。

女性の接待をあっせんした件はユ・インソクとこれ関連した17人の女性が事実を認めています。

naver

このような事態が明らかになったきっかけはV.Iが経営に携わった『クラブ・バーニングサン』ゲートが始まりですが、V.Iは今まで事実を否定し、調査を避けてきた状況です。

それだけに、ネット上では「今更かよ」「令状を出すのが遅すぎる」「YGも関係しているのでは?」といった疑念の声が多いようです。

naver

ちなみに、V.Iが2019年5月まで17回もの調査を受けたのにも関わらず、令状が長らく出なかった理由については、警察側がV.Iに逃走の恐れがないと判断していたためのようです。

【2019/5/14追記】拘束令状請求も棄却されたV.I

V.Iは5月14日についに令状審査を控え、縄を付けられた状態で留置場に送られることとなりましたが、裁判所側はその日の夜に拘束令状を棄却しました。

その理由として主に事務所のお金を不適切に使用した事実を挙げ『刑事責任の有無および範囲に関する争いの余地がある』としています。

naver

また、警察は関連した証拠を押さえていると明かしていたのにも関わらず、棄却されたことについて、ネット上では当然ながら納得がいっていない様子。

ただ、当然ながら拘束が棄却されたからといって調査が終わるわけはなく、警察はさらに追加で調査を進めるといった方針を明らかにしています。

【2020/1/14追記】2度目の令状審査もまたもや棄却されたV.I

2020年に入り、V.Iは再び令状審査を受けることになりましたが、1月13日に7つの容疑がかけられたものの、再び令状が棄却されました。裁判所側はV.Iの拘束棄却理由について『拘束事由と拘束の必要性、正当性が認められない』としています。

원본 이미지

naver

1 2