B.A.Pメンバーの現在の動向は?脱退、契約満了を経て第2の道へ|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

B.A.Pメンバーの現在の動向は?脱退、契約満了を経て第2の道へ

2014年に所属事務所であるTSエンターテイメントをメンバー全員で提訴、2018年以降にはメンバーの脱退&契約満了が続いたB.A.Pメンバーたち。ここではそんなB.A.Pメンバーの現在の動向について紹介していきます。

脱退、契約満了が立て続けに起こったB.A.Pメンバー

2018年8月にリーダーであるバン・ヨングクが脱退し、その後5人組として活動していたB.A.P。その後12月に最年少メンバーのジェロが脱退したことで4人組と再編成されることとなりました。

その後、4人で心機一転を図るのかと思いきや、2019年2月18日にTS側がヒムチャン、デヒョン、ヨンジェ、ジョンオプの契約満了&再契約はしないことを明らかに。ちょうどデビュー7年目となったということもあり、それぞれの道を歩み出すことを決めたようです。

グループは解散ではない?

また、メディアではB.A.Pが『解散』『事実上の解散』と大きく報じていますが、所属事務所いわく「メンバーはそれぞれの道を模索することとなった」と明かしているだけで、解散かどうかということかははっきりと明らかにしていません。

▲instagram

ファンからは残念の声が相次ぐ

B.A.Pは2014年に所属事務所をメンバー全員で提訴したりと、事務所トラブルがあっただけに、今回再契約しなかったことについて、ネット上では「今の所属事務所を辞めて正解」といった声も多くありました。

[blogcard url=”https://www.ningenhonyakuki.com/k-pop/untouchable-sleepy-sonamoo-ts”]

楽曲のパフォーマンス自体のクオリティは高かっただけに、グループとしての活躍が今後見られなくなるのは残念、というファンの声が多いです。

B.A.Pメンバーの現在の動向は?

そんなB.A.Pメンバーの現在は全員ソロで活動中。兵役関連では、バン・ヨングクが2019年8月に社会服務要員として入隊した後、2021年5月に除隊。デヒョンが2020年11月に入隊を果たしています。

ちなみに、ヒムチャンはバン・ヨングクとZELOの脱退の間に20代女性とのいざこざで警察に立件され騒動に。この件で裁判沙汰となっていたのですが、2021年に入り自殺未遂騒動を起こし、ファンから心配の声が相次いでいます。

関連記事

[blogcard url=”https://www.ningenhonyakuki.com/k-pop/b-a-p-him-chan”]