100%ロッキョン、故ミヌの2周忌を追悼。「3月25日は人生で最も記憶すべき日」|人間翻訳機の雑食サイト
K-POP

100%ロッキョン、故ミヌの2周忌を追悼。「3月25日は人生で最も記憶すべき日」

100%のロッキョンが2018年3月25日にこの世を去ったリーダーのミヌを追悼し、そのメッセージに反響を呼んでいます。

2018年3月25日にこの世を去ったミヌ

2012年に7人組としてデビューした100%。1985年と最年長であり、リーダーとして活躍していたミヌ。

その後メンバーの離脱などがあり活動が平坦ではない時期がありながらも他のメンバーをうまく引っ張っていったことが印象的でしたが、2018年3月25日に心停止により突如この世を去った際には誰もが衝撃を受けました。

ミヌの2周忌を追悼したロッキョン

そんなミヌと練習生の頃からともに苦労しあい、最も慕っていたのがグループで2番目に年上のロッキョンです。かねてからミヌと交流の深かったロッキョンは自身のinstagramにて2周忌を追悼しました。

원본 이미지

naver

ロッキョンのinstagram全文(全和訳)

3月25日…深く考える日…

今日は僕にとって本当に辛い日でもあり…

人生で必ず記憶しなければならない日でもある。

僕の親友を見送った日だからだ。

数日前に親友が生き返った夢を見た。

なんでこんな夢を見たのかは分からないけれど、夢では、

サプライズだって、ビックリさせたかったって笑っていた。

サプライズにも程があるのではないか…驚くあまり夢から覚めて、

しばらくの間考えてた。

今夢に出てきたのが…心配しないで、元気だからと言いたかったのか、

いや、僕のことを忘れないでほしいと出てきたのかは分からない…

僕たちは多くの日をずっと過ごしてきた。

つらい練習もお互い支え合いながら耐え抜き、

一度きりのチャンスをつかむべく、全力を尽くして努力してきた姿が

今でも僕の頭の中に描かれている。

彼は僕に…ある時は友達であり、ある時は子どものようでもあり、

ある時は僕の心を全部悟ったかのように、温かく包み込んでくれた

僕の友達…兄さん…

天国に行く前の日にも僕にありがとうって…たくさん言ってくれた。

その言葉を僕もたくさん言ってあげれば良かった…

この記憶を残してくれて本当にありがとうって思うし、また、

悲しい記憶ばかりではないから、

少しは大丈夫。

僕にとって今日は…ただ…

兄さんがとても恋しいし…会いたい日だ…

.

.

デビューする前に公開した初の自撮り写真。

初めて公開した写真なのでものすごく加工された。

この時も自撮りは詐欺みたいなもんだからってものすごく顔を削られた。

この時の僕は18歳だったし、顔の肉が多かったのに、

全部無くなった。

だからこれは…うん…詐欺まがいの写真だ。

それでも2人は何だか生き生きしている。

#100% #ソ・ミヌ #2周忌